ホーム
不思議な花の世界


文字サイズの変更:|

現実的には撮影できない不思議な花の世界である。生成されたAIによって描かれた作品なのか、有能なグラフィックデザイナーが手描きで制作された作品なのか、手法は何であれ、この「カラフル」をテーマにした作者Ennaej氏の絵心とセンスの良さには敬服する。この今の時代だからこそ誕生した最高傑作ではなかろうか。ダリの時代からは遠く離れた現代ではあるが、キュービズムやシュールレアリズムなど経て多様なCG絵画が生まれて来るなか、特にこの作品のような、きわめて細い茎からしなやかに伸びた花が、透けた花びらを咲かせ、花に降りそそぐ水滴は大小の宝石をちりばめたかのようで、その一瞬を刹那に捉えた花の絵は、まるで時間を止めたかのような配色だ。それらの花の形はとても(あで)やかで素晴らしい。日差しを受けた美しい花びらから、羽を付けた小さな妖精が今にも現われて来そうだ。

古川卓也

(2024/04/01)

トップページに戻る





制作・著作 フルカワエレクトロン

TOP