電子部品販売専門店 フルカワエレクトロン
2022年9月29日(木) 店舗情報営業案内特商法通販表記お申し込み方法(通販規定)注文書FAX専用注文書お問い合わせ / おたより

   ヒストリーのページはこちら 
電子部品販売
起動用コンデンサ
ACコンデンサ(円筒形)
長年使って来た愛着ある機械が故障してしまったら、すぐに廃棄せず、コンデンサの経年劣化による寿命にも目を向けてみてはいかがでしょうか。新品と交換したら再起動しパワーアップすることがあります。

起動用コンデンサ
ACコンデンサ(樹脂角形)
指月電機製作所製
当店在庫数限りの販売となりました。貴重な最後のバラ数量販売です。メーカー在庫無し。新規お取り寄せは、膨大な受注最少ロット数にて特注となります。

住友電工製
スミチューブ
(熱収縮チューブ)
スミチューブ在庫価格一覧
スミチューブ製品資料

クラベ製
エクシルチューブ
エクシルチューブ HG-3E
(白色)
耐熱180℃
ガラス繊維編組


日本アルミット製
高性能ハンダ
日本アルミット製
非塩素系高性能ハンダ
KR-19メインページ
KR-19 SH RMA(耐熱性)
KR-19 SH SJ-7(高強度)
鉛フリーはんだ
鉛フリークリームはんだ
クリームはんだ
アルミはんだ
ハンダ・フォトギャラリー

ブラグ・ジャック各種
画像・規格・図解各種
DCプラグ、DCジャック
DC中継ジャック
コード付L型DCプラグ
コード付DCプラグ(ストレート)
6.3ゴールドホーンジャック
3.5プラグ・ジャック
DINプラグ・ジャック
DINミニプラグ・ジャック
RCAピンジャック
RCAゴールドピンジャック
 
バーニアダイヤル
新美精器製
径36mm 径50mm 径70mm
180°目盛または300°目盛




営業案内
営業日
 平日:月~金
 営業時間:9時~18時
 休業:土日祝日
 (年末年始・お盆・GW)
 営業日カレンダー
メールチェック
 平日随時
お支払い方法
 お申し込み方法(通販規定)
 ・代金引換(ヤマト運輸)
 ・代金引換(佐川急便)
 ・e-コレクト(佐川急便カード決済)
 
 ・銀行振込(前振込)
 
 
 


営業日カレンダー
営業:月~金  休業日
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

商品在庫一覧(1)  商品在庫一覧(2)

電子部品メーカーリンク集   最新情報リンク集
  2022年
09月26日  映画の音源をリニューアルして再公開 NEW
09月26日  シネマ日記2013-2014を修正して再公開 NEW
09月22日  映画『夜叉ヶ池』復刻版2021を追記しました NEW
09月22日  シネマ日記2009をリニユーアルして再公開 NEW
09月20日  シネマ日記2008をリニユーアルして再公開
09月12日  Web小説『冬の蜃気楼』に曲を付けて推敲再公開
09月06日  風景が見える…に村下孝蔵のロマンスカー
09月02日  ネットビジネスの日々2019を再公開
09月01日  フレシャス(Precieux)を再公開
08月26日  ネットビジネスの日々を再公開
08月22日  美術館リンク集をリニューアル公開
08月17日  歴史小説 『曙光』 をリニューアル公開
08月08日  シネマ日記2000をリニューアル公開
08月01日  シネマワールドをリニューアルして公開
08月01日  シネマ日記2001-2007を再公開
07月19日  短編小説集『ブルーベリーの王子さま』公開
07月13日  「風景が見える音の世界」に「六月の雨」
07月07日  フォト・ギャラリー2022を公開しました
06月24日  トップページに随筆「香林坊」を設置公開
06月20日  商品一覧(1)のトップ画像を入れ替え
06月16日  半導体メーカーリンク集を修正
06月13日  最新情報リンク集を公開
06月07日  電子部品メーカーリンク集を公開
05月24日  CdS光導電セルをALWAYに分類
05月24日  商品一覧(2)をリニューアルし一部公開
05月16日  トップページのヒストリーを追記しました
05月12日  テイラー・スウィフトのイラストを公開
05月09日  商品一覧(1)をリニューアルして公開
04月18日  「風景が見える音の世界」をリニューアル
03月25日  新Webにバーニアダイヤルをリニューアル公開
03月15日  新Webにエンジニア製鉛フリーハンダを紹介
03月15日  新Webにプラグ・ジャックを公開
03月07日  新Webに日本アルミット製品ページを公開
02月24日  フルカワエレクトロンSSL化新Webを公開
   エンジニア製 精密機械工具
鉛フリーハンダにおけるJIS-AA級ハンダ
秘められた非塩素系高性能フラックスを探る
ENGINEER製 SWFシリーズ
(無洗浄型高性能ヤニ入りハンダ)
   バーニアダイヤルとの思い出

新美精器の先代社長の新美さんから毎年頂いていた年賀状は、墨書が好きでおられたので、賀状にもその趣向が奥床しくあらわれていました。頂いた年賀状はすべて「はがきアルバム」に入れて大切に保管しております。心のこもった手書き年賀状は今の時代にはとても貴重な日本文化の一端といえます。人望や人柄さえもが温かく見え隠れする貴重なお宝ともいえるでしょう。メールに追われる日々のなか、LINEやチャットも無かった遠い昔のことがいろいろと偲ばれます。
 >> 続きはこちら
ALWAYS  製造中止・入手不可・惜しまれるパーツ類の思い出
『ある日どこかで』(1980) クリストファー・リーヴ主演のこの映画は、スーパーマン・シリーズ(1978~1987)を演じたリーヴのイメージとは異なるラブ・ストーリーSF珠玉作品。また、ジョン・バリーの極上のメロディーに癒される。
2001年から2007年までのシネマ日記
『バーティカル・リミット』 こういうリアルな迫力のある映画を作るためには、基本的に新しい時代の映画学というか、まったく映画文化というものを着実に
人にはそれぞれ限られた時間が与えられているように、たった一度の人生で、いったいどれほどの映画が観られようか。手当たり次第に数多く観るより、できれば「いい映画だった」と言えるような映画と多く出会いたいものだ。
『海の上のピアニスト』 この映画について語るには、多くの日数をかけても語り尽くせないかもしれない。しかし、出来るだけ書き留めて置かなければ、きっと自分の人生に悔いが残りそうである。
1997年の 『タイタニック』 は、これまでの「タイタニック」映画とは遥かに凌駕するものだ。史実やドキュメントなど一連の評価を、到底わたしには出来ないし、したいとも思わない。また、とても映画論評できるような立場でもない。


最近の若い社会学者はやたらカタカナ言葉で社会現象のロジックを説明するが、まあそういう世相だから仕方がないのかもしれないが、おそらく英語もペラペラなのであろう。国際的にはそれで通じるだろうが、日本語の言語でしか思考しない私のような者には、単に英語の骨格としかみえず、その表現では人間の姿を見て、おいそこの骸骨、と言われてるような薄っぺらい表現にしか伝わらない。人それぞれが人の道を歩むとき、

私は今、あなたに夢中なんです
  消費税収のたった1割が社会保障の財源

泣き寝入りをする人たちが非常に多くなった。自然災害、詐欺事件、故意・過失に巻き込まれる暴走交通事故、さまざまな犯罪、ゆるやかな景気回復を正当化するために行われる無制限の金融緩和政策指示のもと量的緩和をいつまでもやめない日銀と日本政府の目くらまし戦術に誑かされつつもバブルの危険を信じないクラウドの虹の空、
 >> 続きはこちら

2019/10/07  

巧妙に煽って騙すのは、オレオレ詐欺と変わらない。計算は正しくしたほうがよい。数学的にも物理学的にも科学的にも、消費税なるものには公平公正なメスを入れたほうがよい。詐欺まがいのようなマネは国にしてほしくない。
 >> 続きはこちら

Amadeus
Electric String Quartet







音楽と共に (2022年)
サマータイム









----- 随筆 (Essay) -----



----- 小説 (Novel) -----






 日本古代史
 天平時代の仏教史ロマン
   歴史小説 曙光
      古川卓也

昭和61年に書いた当時の自分の不甲斐ない筆力にもかかわらず、由来不明の磨崖仏追求への飽くなき情熱に敬意を払い、歴史小説『曙光』をリニューアルし、再度Web公開することにしました。

地元研究誌に『曙光』を発表する前年には、月刊誌の新人物往来社の「歴史読本」が主催していた第11回郷土史研究賞の応募に『有帆磨崖仏と防長の古代豪族』を投稿して一次二次選考通過したものの最終選考19編から選ばれず落選。それ以降も有帆磨崖仏が県の文化財として学術的に評価されず、菩提寺山中で現在まで野晒し状態が続き、今も不遇放置されております。もしこの石仏が宇部市内に属していれば、とっくに重要文化財候補として、あるいは国宝級文化財候補として文科省管轄学芸員の所管で再調査する予定ではありました。

これを主題とする歴史論文2編、歴史小説2編を地元研究誌「厚東」に発表したものの、丈六サイズの石仏は今も人知れず菩提寺山中で周防灘の海を遠くに俯瞰し続けている姿は、何とも高貴で哀切な風情が目にうかんできます。いずれ、拙著「石仏論考」も当Webにて再公開する予定です。

----- 美術館リンク集 -----



----- MODERN ART  ----





 








店舗情報営業案内特商法通販表記お申し込み方法(通販規定)注文書FAX専用注文書お問い合わせ / おたより




TOP